急騰銘柄


仕手株には手を出すな!
株式投資の世界では
一般的に言われる常識です。
しかし
あるルールを採用すると






<< 急騰銘柄を狙う売買ルール▲螢好を抑える売買ルール | main | 急騰銘柄を狙う売買ルール >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄

急騰銘柄を狙う売買ルール〇甜螻堯γ惨急騰株だけがハイリスクか?

急騰銘柄を狙う売買ルール〇甜螻堯γ惨急騰株だけがハイリスクか?

仕手株・短期急騰株はハイリスク!危険だ!手を出すな!

一般的によく言われる常識です。

では、リスクが少ないといわれる長期投資はどうでしょうか?

経済評論家や著名な金融ジャーナリストの先生は、『長期投資がリスクを低く抑えるコツ』と言われます。

その理屈はこうです。


保有期間別の株式投資年間収益率を出してきて、1〜2年ではプラスもマイナスも大きくバラツキがあるが、30年を超えると12〜13%前後に収斂していく。30年以上保有し続ければ、どんなに株式投資がうまい人でも下手な人でも、石油ショックや円高不況、バブルの崩壊があっても、概ね12%近い収益を上げることができる。


まったく正しいアドバイスです。過去のデーターを見る限りにおいては・・・ですが。

これには、次の2つの大前提が必要な事を忘れてはいけません。


・30年間、放置し続けるだけの金融資産を持っている事

・今後30年間も、これまでの30年と同程度の日本の経済成長が続く事

どうでしょう、あまり現実的とは言えそうもありません。

30年後のまとまったお金よりも、今すぐお金が欲しいと誰もが思っています。

若い人は、30年も放置し続けることができるだけのお金を持っていない場合がほとんどですし、ある程度ゆとりのある年配の方の場合も、お金を手にできる年齢が80歳、90歳では嬉しさも半減してしまいます。

ましてや、「今後30年間これまで同様に日本経済が成長し続けることができるのか?」と考えた場合、かなり難しい現状である事は誰しもがわかっている事です。

もし仮に、長期投資のセオリーどおり、個別銘柄のファンダメンタル分析で成功を収めるには、


1他の人が気付いていないか、誰も知らない情報を、

2潜在的に需要があるという事を分析確認し、

3将来のある時期に、その情報を他の多くの人が気付き価値を見出し、

4その価値が他のものと比べると割安だと感じ、皆が株を買う。


という一連のプロセスが必要になってきます。

もしも、価値が無いから誰も見向きもしない情報だとしたら・・・

もしも、すでに株価に織り込み済みの情報だったとしたら・・・

もしも、仮に価値ある情報だとしても、将来に渡って誰も気付かなかったら・・・

「バリュー投資がバリューのままだった」では、リスクを低く抑えても全く意味がありません。

決して長期投資を否定するわけではありませんが、「長期投資はリスクが少ない」とは、負け組み投資家が自分自身を慰めるための幻想にしか過ぎないような気がします。

さらに、バブル崩壊以降、個人投資家を株式市場に誘い込むための証券営業マンの営業トークそのものであり、経済評論家や経済ジャーナリストなど証券業界全体で市場を盛り上げようとする暗示の言葉であるとも考えられます。

くしくも、株式投資は誰かの損が誰かの儲けになり、株式売買の手数料が証券会社や証券取引所の儲けになり、投資信託の仲介手数料が銀行や郵便局の儲けにつながるわけです。

一人でも多くの市場参加者を募り、少しでも多くの資金を株式投資で使ってもらいたいと考えるのは、業界関係者からすれば当然といえば当然の事です。

申し遅れました。私はファイナンシャルプランナーの住川と申します。仕事柄多くの方とお金や投資の話しをさせていただく機会に恵まれています。

そして、2000名を越える方々に投資教育も行なわせていただいています。

その中には株式投資で莫大な資産を作り出した勝ち組投資家の方もたくさんいらっしゃいます。

そして、彼ら勝ち組投資家に共通の思考法があることに気が付きました。


勝ち組投資家たちに共通の思考法


1心の弱さを知っており、売買には感情を入れ込まず機械的に売買する

2思惑違いが起こる事を当然のことと捉え、損切りする事になんのためらいも持たない

3市場の不確実性を知っているので、長期投資で無駄に資金を寝かせることよりも早めに手を打ちやすい短期投資を心がける

4需給バランスの変化にいち早く対応し、利益を大きく確保できる時には集中して利益を伸ばす

5テクニカル重視の短期投資を心がけながらも、想定を超える振れ幅もある事を知っている

6複数の運用スタイルを持ち、現在の市場の方向性に合わせた資金配分を行ない効率の良い資金運用を行なう


これらの思考法をほんの少し応用すれば、危険といわれる仕手株・短期急騰株でさえリスクを低く抑えつつ、大きく利益を伸ばしていくことが十分可能になるのです。

仕手筋とは、巨額の資金を投じて特定の銘柄の株価を操作し吊り上げていきながら莫大な利益をあげるグループの事を言います。

意図的に情報を操作し極めて短期間のうちに利益を掴み取ります。

そして、冒頭のチャートのごとく極めて短期間に、驚くほどの高パフォーマンスを生み出すことができるのが仕手株・短期急騰株です。

彼らの全貌を知る事はできませんが、彼らの動きをある程度想像する事はできます。

最も基本的な仕手筋の手口は次の通りです。

1・水面下で人知れず株を買い集める

2・ターゲットとする銘柄の株を買い集めた段階で株価を急騰させる

3・市場へ情報を流すことでターゲットとする銘柄の買いを誘う

4・買い集めた銘柄の株を高値で売り抜ける

彼らの手口を日々の出来高やチャートから読み解き、勝ち組投資家の思考法を応用したものが『短期急騰銘柄を狙う売買ルール』です。


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄

スポンサーサイト


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄