急騰銘柄


仕手株には手を出すな!
株式投資の世界では
一般的に言われる常識です。
しかし
あるルールを採用すると






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄

急騰銘柄を狙う売買ルール

急騰銘柄を狙う売買ルール

考えられないほどの高いパフォーマンスを得られること・・・
これこそ、短期急騰株を狙う最大の魅力です。


・仕手株・短期急騰銘柄なんて怖くて指をくわえて見ているしかなかった。

・某掲示板にあおられて、急騰銘柄を買ってみたもののいつも高値掴みをしてしまう。

・危険すぎると思っているので、ハナから手を出さない。

しかし、仕手株・短期急騰銘柄でもリスクを極めて抑えた売買ルールを手にできたとしたら・・・

わずか13営業日で73.2%もの利益をあげることも可能になってしまいます。

もし、ロンシール工業を最低単位の1000株買っていたとするなら、たった13営業日後には18万3000円の利益が手にできています。

50万円の投資資金があったなら、利益は36万円。

100万円の資金であれば、73万円。

もし、あなたが、このような急騰銘柄に一度は乗ってみたい。

短期間で大きく利益を稼ぎ出したいとお考えなら、最後まで目を通してみてください。


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄

急騰銘柄を狙う売買ルール〇甜螻堯γ惨急騰株だけがハイリスクか?

急騰銘柄を狙う売買ルール〇甜螻堯γ惨急騰株だけがハイリスクか?

仕手株・短期急騰株はハイリスク!危険だ!手を出すな!

一般的によく言われる常識です。

では、リスクが少ないといわれる長期投資はどうでしょうか?

経済評論家や著名な金融ジャーナリストの先生は、『長期投資がリスクを低く抑えるコツ』と言われます。

その理屈はこうです。


保有期間別の株式投資年間収益率を出してきて、1〜2年ではプラスもマイナスも大きくバラツキがあるが、30年を超えると12〜13%前後に収斂していく。30年以上保有し続ければ、どんなに株式投資がうまい人でも下手な人でも、石油ショックや円高不況、バブルの崩壊があっても、概ね12%近い収益を上げることができる。


まったく正しいアドバイスです。過去のデーターを見る限りにおいては・・・ですが。

これには、次の2つの大前提が必要な事を忘れてはいけません。


・30年間、放置し続けるだけの金融資産を持っている事

・今後30年間も、これまでの30年と同程度の日本の経済成長が続く事

どうでしょう、あまり現実的とは言えそうもありません。

30年後のまとまったお金よりも、今すぐお金が欲しいと誰もが思っています。

若い人は、30年も放置し続けることができるだけのお金を持っていない場合がほとんどですし、ある程度ゆとりのある年配の方の場合も、お金を手にできる年齢が80歳、90歳では嬉しさも半減してしまいます。

ましてや、「今後30年間これまで同様に日本経済が成長し続けることができるのか?」と考えた場合、かなり難しい現状である事は誰しもがわかっている事です。

もし仮に、長期投資のセオリーどおり、個別銘柄のファンダメンタル分析で成功を収めるには、


1他の人が気付いていないか、誰も知らない情報を、

2潜在的に需要があるという事を分析確認し、

3将来のある時期に、その情報を他の多くの人が気付き価値を見出し、

4その価値が他のものと比べると割安だと感じ、皆が株を買う。


という一連のプロセスが必要になってきます。

もしも、価値が無いから誰も見向きもしない情報だとしたら・・・

もしも、すでに株価に織り込み済みの情報だったとしたら・・・

もしも、仮に価値ある情報だとしても、将来に渡って誰も気付かなかったら・・・

「バリュー投資がバリューのままだった」では、リスクを低く抑えても全く意味がありません。

決して長期投資を否定するわけではありませんが、「長期投資はリスクが少ない」とは、負け組み投資家が自分自身を慰めるための幻想にしか過ぎないような気がします。

さらに、バブル崩壊以降、個人投資家を株式市場に誘い込むための証券営業マンの営業トークそのものであり、経済評論家や経済ジャーナリストなど証券業界全体で市場を盛り上げようとする暗示の言葉であるとも考えられます。

くしくも、株式投資は誰かの損が誰かの儲けになり、株式売買の手数料が証券会社や証券取引所の儲けになり、投資信託の仲介手数料が銀行や郵便局の儲けにつながるわけです。

一人でも多くの市場参加者を募り、少しでも多くの資金を株式投資で使ってもらいたいと考えるのは、業界関係者からすれば当然といえば当然の事です。

申し遅れました。私はファイナンシャルプランナーの住川と申します。仕事柄多くの方とお金や投資の話しをさせていただく機会に恵まれています。

そして、2000名を越える方々に投資教育も行なわせていただいています。

その中には株式投資で莫大な資産を作り出した勝ち組投資家の方もたくさんいらっしゃいます。

そして、彼ら勝ち組投資家に共通の思考法があることに気が付きました。


勝ち組投資家たちに共通の思考法


1心の弱さを知っており、売買には感情を入れ込まず機械的に売買する

2思惑違いが起こる事を当然のことと捉え、損切りする事になんのためらいも持たない

3市場の不確実性を知っているので、長期投資で無駄に資金を寝かせることよりも早めに手を打ちやすい短期投資を心がける

4需給バランスの変化にいち早く対応し、利益を大きく確保できる時には集中して利益を伸ばす

5テクニカル重視の短期投資を心がけながらも、想定を超える振れ幅もある事を知っている

6複数の運用スタイルを持ち、現在の市場の方向性に合わせた資金配分を行ない効率の良い資金運用を行なう


これらの思考法をほんの少し応用すれば、危険といわれる仕手株・短期急騰株でさえリスクを低く抑えつつ、大きく利益を伸ばしていくことが十分可能になるのです。

仕手筋とは、巨額の資金を投じて特定の銘柄の株価を操作し吊り上げていきながら莫大な利益をあげるグループの事を言います。

意図的に情報を操作し極めて短期間のうちに利益を掴み取ります。

そして、冒頭のチャートのごとく極めて短期間に、驚くほどの高パフォーマンスを生み出すことができるのが仕手株・短期急騰株です。

彼らの全貌を知る事はできませんが、彼らの動きをある程度想像する事はできます。

最も基本的な仕手筋の手口は次の通りです。

1・水面下で人知れず株を買い集める

2・ターゲットとする銘柄の株を買い集めた段階で株価を急騰させる

3・市場へ情報を流すことでターゲットとする銘柄の買いを誘う

4・買い集めた銘柄の株を高値で売り抜ける

彼らの手口を日々の出来高やチャートから読み解き、勝ち組投資家の思考法を応用したものが『短期急騰銘柄を狙う売買ルール』です。


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄

急騰銘柄を狙う売買ルール▲螢好を抑える売買ルール

急騰銘柄を狙う売買ルール▲螢好を抑える売買ルール

高値掴みを避けリスクを低く抑える

個人投資家が、仕手株・短期急騰株で大損をしてしまう原因の一つには、「高値掴み」があります。

欲の皮を突っ張らせて、高値で買ってしまう・・・

後に待っているのは急落のみです。

賑やかな祭り囃子に誘われて出かけて行ったものの、到着したときにはすっかり祭りも終わり静寂とした空気の漂う淋しげなお祭り会場にたった一人取り残されているようなものです。





その証拠に、東都水産天井付近のチャートをご覧下さい。

天井付近でローソク足が描かれています。

これは、株の売買が成立している事を意味します。

天井付近で誰かが売ろうとしている株を、後から参戦した誰かが買っていることに他なりません。

仕手筋の基本的な手口であげましたが、まんまと、仕手筋の手口に引っかかったと言えます。

そこで、「高値掴みをしない」というルールを設定することが必要になります。

急騰を見せ始めた、その瞬間に飛び乗ることがリスクを低減する絶対条件です。

冒頭にあげたチャートの例では、ロンシール工業の4/3。東都水産の9/12。木村化工機の3/16。

このポイントこそ、リスクを低く抑え利益を大きく取るための絶好のタイミングです。

思惑違いの時

せっかく勇気を持って買い出動したのだから「いづれあがるはずだ」と考えてしまいがちなのが負け組みの個人投資家の心理です。

期待感や不安などから、銘柄に感情を乗せてしまっては、まともな判断などできるはずはありません。

多くの場合、市場に出回る情報を自分に都合の良いように勝手に解釈したり、不安感から過剰に反応したりして売り買いのタイミングを逃してしまいます。

「高値掴みをしない」というルール設定に基づき、動き始めたその瞬間に飛び乗ったものの、急騰を見せる事も無くそのままだったり、運悪く価格を下げたりする事も十分あり得ます。

そのようなことも当然考慮し、「思惑違いは早めの損切り」というルールが必要になります。

思惑通りに急騰したら

思惑通りに急騰を始めたとします。

今度は、「いつ急落するかどうか不安で仕方ない」または、「はやく利益を確定したい」という心理状態に陥るのが普通の個人投資家です。

そんなときに犯しやすいミス。それは、早すぎる利確です。

株式投資で利益を出す基本は、なにを置いても「損小利大」です。

早すぎる利確は、せっかくタイミングよく急騰に乗ったとしても利益を少なくしてしまうのですから、非常にもったいない行為です。

さらには、急騰すれば、急騰したで、市場には噂や情報が飛び交い始めます。

「もう天井付近だ」、「いや、まだまだ。目標株価は、○○円だ」などと・・・

どの情報が正しいのかどうか見極める事は困難です。

それぞれの立場に応じて都合の良い意見を述べるのが人の心理です。

まだ株を保有している人は、株価を吊り上げ高値をとりたいと考えるはずですから、

「まだまだこれから。。。目標株価は○○円」などと発言します。

一方、すでに株を手放してしまった人は、自分が早めの利確をした事を後悔したくありません。

そこで、「もう限界だ、明日はストップ安になるぞ」などと、売り煽るわけです。

株価の動きなど誰もわかるはずもないのに、根拠も無く自分の感情のまま意見を述べあっているのが某巨大掲示板の情報です。

このような市場に出回る情報に振り回されてしまうのが、個人投資家です。

心理的に弱く、情報や噂に左右されてしまうのであれば、「情報や噂に左右されない環境で売買する」というルールが必要です。

短期急騰に適した銘柄は?

株式市場にたくさんある銘柄のうち、怪しげな動きをしている銘柄全てに買い出動しても意味がありません。

資金と時間の無駄です。

仕手株・短期急騰株の性質上、狙われやすい銘柄があります。

仮に時価総額の大きいトヨタ株の急騰を狙おうとしても、あまりにも膨大な資金が必要になってくるためどんなに巨額の資金を投入しても、株価を吊り上げる事など不可能です。

また、日頃出来高の少ない銘柄の場合では、少し買い集めるだけで急騰してしまいますし、首尾よく買い集めることができたとしても、出来高が少ないため狙い通り売りぬける事は困難です。

つまり、短期急騰させるのに適した銘柄というものが存在します。

その適した銘柄さえ知ってしまえば、無駄に時間をかけて儲かりそうな銘柄を物色する必要がなくなります。

ここに一部あげたように、個人投資家の心理的弱点や、仕手株・短期急騰株の特質、過去のチャートの動きや市場動向などを考えルール付けを行いました。


想像してみてください。

短期急騰銘柄を狙う売買ルールを知ってしまったあなたは、毎日チャートを分析する必要がなくなります。

毎月投資雑誌を買ってきて、どの銘柄が儲かりそうかを血眼になって探し出す必要もなくなります。

一日に10分程度、売買ルールに基づいた銘柄をチェックするだけで良いのです。

しかも、この売買ルールでは、日中、場を監視する必要もありません。

仕事を持っているサラリーマンの方でも、子育てに忙しい主婦の方でも、利益を上げていただけるように考慮してあります。

あなたはこれで、日中株価の動きを気にする必要などなくなります。

むしろ、場が開いているときには、株価の動きなど気にしないほうが好結果を生み出します。

仕事をお持ちの方は、仕事に集中していただけますし、お子様がいらっしゃる方は、お子様と共有できる時間をしっかりとってあげることができるのです。

これこそが、もっとも健全な資産運用だと思いませんか?

日々トレードにのめり込めばのめり込むほど、悪循環にはまってしまい、資産を増やすどころか大きな穴を開けてしまう。その穴を埋めようと必死にもがき苦しんでも良い結果を生み出せない。

これでは何のための資産運用なのか、何のために生きているのかわからなくなってしまいます。


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄

急騰銘柄を狙う売買ルールC惨急騰銘柄を狙う売買ルール

急騰銘柄を狙う売買ルールC惨急騰銘柄を狙う売買ルール

○仕手株・短期急騰株を絞り込む

仕手株・短期急騰株の性質上、ターゲットとなりやすい銘柄があります。

株式市場に上場する全銘柄のうちターゲットを絞り込んで観察していくことで無駄な労力を省くとともに、急騰銘柄をキャッチしやすくなります。


○短期急騰株はこう見抜く

ファンダメンタル分析にも通常のテクニカル分析にも合致しない、不自然な株価の動きの捉え方を知らなければ、初動で乗っかることができません。その不自然な動きの捉え方とは!


○リスクを低減するための買いのルール

不自然な動きと感じたならば、積極的に買い出動することが勝利を掴むコツといえます。

不自然な動きと感じても、それがすでに高すぎる位置だったとしたら、リスクが大きくなってしまいます。

あるポイントの終値から、●%以内で買い注文を出すことでリスクを低減することができます。


○思惑違いの損切りは?

不自然な動きを捉えても、それが思惑違いの場合もあります。

●●を使った売り注文で、感情を織り込まず、確実に損切りを行なう方法を取り入れます。


○早めの利確を避けるには!

せっかく急騰銘柄に乗っかっても、早めに利確してはもったいありません。

早めの利確を防ぐための方法を使うことで、天井圏ぎりぎりまで利益を伸ばしていきます。

高値を追っかけると4ヶ月を越える事もあります。

・・・私は、ご縁をいただける方々にいつも申し上げることがあります。

幸せを掴み取るにはお金ではありませんが、自給自足の生活をしているわけでもありませんので、お金は必要です。

ゆとりのあるお金を手にすることができれば、そのお金であなた様のまわりの方にも幸せのおすそ分けをしていただきたい。

この事を、決してキレイ事ではなく本気でご提案しています。

そんな事もありますので、100名様まで限定として特別価格で提供させていただきます。

短期急騰銘柄を狙う売買ルールのご提供は、WEB上でご紹介しています。

過去の仕手株・短期急騰銘柄を分析し導きだしたプロセスもあわせ公開しています。

ご入金の確認が取れましたら、24時間以内にサイトURL及びID、パスワードをメールにてお知らせいたします。


さらに特典として・・・

○30日間無料メールサポート(1万円相当)

購入から30日以内であれば何回でも無料でメールサポートをさせていただきます。

仕手株、短期急騰株では特に動きの激しさから不安に見舞われる事もあると思います。

そのような時にもお力になりたいと考えています。

○30日間、選定銘柄配信(1万5千円相当)

買いのルールに基づき、合致する銘柄があった場合には、参戦予定日の前日午後7時までにメールにてお知らせいたします。

同時にリスクを抑えるための買いのルールや急騰を見せたときの売りのタイミングもルールに照らし合わせて配信いたします。

私自身もルールに合致する銘柄を毎日チェックしていますのでこのメール配信さえ受け取れば、日々チェックする必要もなくなります。


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄

急騰銘柄を狙う売買ルールい茲ある質問とお客さまの声

急騰銘柄を狙う売買ルールい茲ある質問とお客さまの声

Q.本当にリスクは低いのか?

くどいようですが、今一度言います。

「高値掴み」をすることで暴落の憂き目にあうから危険なのです。

しかし、動きを見せ始めた初動で買うことができれば極めてリスクは限定的になります。

ですが、100%急騰するかどうかは仕掛け側のみぞ知ることです。

思惑と違い、急騰せずに株価が下落したとします。

その場合には、自動的に人の感情に左右されない方法で損切りする方法をお伝えしています。

急騰するだけに3勝7敗でも利益は出ます。

ここで簡単に手持ち資金100万円でシミュレーションしてみます。

10%下落で損切り、急騰は控えめに見て30%増。

そして、最も不利な条件の7連敗後に3連勝した事を想定します。

一敗目 100万円×0.9 ⇒ 90万円
二敗目  90万円×0.9 ⇒ 81万円
     ↓
七敗目 53.1万円×0.9 ⇒ 47.8万円

一勝目 47.8万円×1.3 ⇒ 62.1万円
二勝目 62.1万円×1.3 ⇒ 80.7万円
三勝目 80.7万円×1.3 ⇒ 104.9万円

最悪のケースを想定しても実質、5万円弱の利益がでます。

実際には、

・手持ち資金を100%使いきる事はありません

・7回連続で負ける事もありません

・その上、7回とも10%損切りをする事もありません

・株価の上昇は30%以上は見込めます

つまり、リスクは極めて限定的で、機械的に売買を繰り返すだけで利益がでるということです。

さすがに、リスクが無いとは言えませんから、「限定的です」と表現しています。


Q.選定銘柄配信は30日経過以降はしてくれないの?

基本的にはご自身がルールに基づきご判断いただくことをお勧めいたしますが、どうしても面倒だ、時間が無いなどご要望がある場合には、別途月に15000円にて選定銘柄を配信させていただきます。


すでに運用いただいているお客様の“喜びの声”


○「こんな簡単でいいの?」

「こんな簡単なルールでいいの?」最初に思った感想です。
仕手株・短期急騰株といえば、興味はあっても手を出せない状態でした。
しかし、教えていただいたルールで機械的に売買を繰り返すだけで、ストレス無く急騰の恩恵に授かることができることに驚いています。
おかげさまで、東都水産、5000株乗ることができました。
急騰中は、毎日わくわくしながらチャートを眺めていました。
こんな気持ちで株式投資できたのは、初めてです。
たった1銘柄で、100万円を超える利益を上げることができ、ライブドアショックでの損失も取り返せそうです。

名古屋市 中村 啓吾様


○売買ルールは確かに納得のできるもの

ずいぶん購入しようか迷いに迷いました。
僕は株をはじめて3年くらいになりますが、安定した利益を残せません。
たくさんの株関係の本を買いあさり試してみましたがどれもぱっとしませんでした。
あまりにも内容の薄いものから、専門過ぎてなかなか理解できないものも多くありました。
でも、今回の売買ルールは確かに納得のできるものでした。
自分なりに新しい発見もあり大変刺激をうけています。
一ヶ月ほどですが、自分の結果を報告しますと、手数料を除き約8万円ほどプラスになりました。
自分には上々の出来です。

大阪府 猪野 忠様


○私も、急騰の恩恵に授からせていただいてます。

いつも為になる情報や、銘柄のご案内ありがとうございます。
たくさんの方が、●●で利益を上げておられるようですね。
私も、ルール通り買い注文を入れていましたので、急騰の恩恵に授からせていただいてます。
そのほかに、●%損切りが一銘柄。
最初はどうなることかと思いましたが、運の良いことに、二銘柄目で急騰銘柄を買うことができました。
これからも、為になる情報と儲かる銘柄を是非とも教えてください。

横浜市 前川 恵様


○選定銘柄を配信してもらえる事で助かっています

なかなか忙しく、ゆっくりと銘柄を見極めている時間がありません。
かといって、小遣い程度は儲けたい。
そんな私も、ルールに基づいた選定銘柄を配信してもらえる事で助かっています。
東都水産のような銘柄を是非お願いします。

大阪府 男性 S・K様


○世界同時株安でも

2月の日本金属に乗ることができました。
何回かに別けて買ったので平均買値が392円、合計5000株。
世界同時株安の下げにあってしまいうることになってしまいましたが、売値は505円。
56万円も利益をあげることができました。
世界同時株安の影響もすぐ落ち着いて高値更新していました。
暴落さえなかったら、もう15万円ぐらいは儲かっていたのに。
こればっかりは仕方ないですね。
でも、急騰銘柄の勢いの強さを垣間見ることができました。

岐阜県 鈴木 敏郎様


○短期間で20万円以上の利益

日本金属も木村化工機もすごい勢いでした。
小心者の私ですから、戸惑っているうちにあれよあれよと上がっていって驚きました。
手持ち資金も少なく少ししか買っていませんがこんなに短い期間に20万円以上も利益が出たことに大変嬉しく思います。
ありがとうございました。
次もタイミングよく乗っかっていきたいと思います。

宮崎県 竹内 麻子様


○何銘柄か恩恵を頂けた

急騰する銘柄が出るたびに買っているわけではありませんが、それでも、何銘柄かの恩恵を頂くことができました。
今までの株での損失を考えると気が遠くなるほどでしたが、「短期急騰銘柄の売買ルール」のおかげで先が見えるようになりました。
感謝しています。
それから、教えていただけたワンクリック募金、毎日実行しています。
少しでも世の中に貢献できることに喜びを感じれるようになりました。

東京都 M・M様



・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄

急騰銘柄を狙う売買ルールズ埜紊

急騰銘柄を狙う売買ルールズ埜紊


幸せな小金持ちで有名な『本田健』さんの書籍に「ユダヤ人大富豪の教え」があります。

成功を夢見、フロリダに渡った「ケン」がユダヤ人大富豪「ゲラー」の教えを全て受け取った最後の一節。

ゲラー氏は言っています。

「海の水が大陸をつなげているのと同じように、感情が地球の人すべてをつなげている。

一人の人間が、暴力的になると、回りの人間は影響を受けて、すさんだ気持ちになる。

同じように、一人が幸せになるとき、周りの人間も影響されて、幸せになるものだ。(略)」


先日、テレビ番組で「シークレットサンタ」のお話をしていました。

ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

話しは長くなってしまいますが、少し説明しますと…



アメリカでクリスマスになると、貧しく困っている人々に現金をプレゼントする男性がいた。

彼はいつしか「シークレットサンタ」と呼ばれるようになった。

1971年11月、23歳のラリー・スチュワートは会社が倒産し路頭に迷っていた。

あまりの空腹に耐えきれず、ついレストランに入って取り憑かれたように注文してしまった。

請求書を出されようやく我に返り、お金を持っていないことに気づいたのだ。

そして、なんとかその場を取り繕おうとポケットの中を探すフリをしながらも、「警察に突き出されても仕方が無い」と思っていた時だった。
 
一人の男性店員がラリーの横でしゃがんで、20ドル札(約2400円)が落ちていたと渡してくれた。

おかげで彼は会計を済ませることができた。
 
だがこの人生最大の苦境に偶然手に入れた20ドルが、後に彼の運命を変える重大な鍵となるのだ。

1972年、運良く拾った20ドルの残りを旅費にカンザスシティに移り住んだラリーは、警備関係の会社を起こして懸命に働いた。

結婚し子供も生まれたラリーは幸せな生活を手に入れたかに見えた。

だが1977年12月、不況で会社が倒産しその日の食事代にも困るほど追いつめられた。

貧しさのせいでラリーは我を忘れ、銃を手に銀行に入り、強盗を働きそうになった。

しかし20ドル札を見てふと我に返り銀行強盗をすんでの所で思い留まった。

改心したラリーは1978年、妻の兄からの援助を受けてセールスマンとして懸命に働いたが彼はまたしても試練を与えられた。

1979年12月、会社の経営が思わしくないということで、ラリーは解雇されてしまった。

もう助けてもらうあてがないと途方に暮れていたその時・・・

ふと目についた売店に立寄り、ポップコーンを注文した。

店員の女性は暗い表情で、商品を間違えラリーに渡した。
 
ラリーは彼女が何かに困り思い悩んでいるのだと思い、おつりの中から20ドル札をプレゼントしたのだ。

彼女は、受け取れないと言ったが、ラリーはクリスマスプレゼントだと言って手渡した。

この日はクリスマスだった。

女性は嬉しそうに礼を言った。

その笑顔がラリーを明るくし、彼は思いも寄らない行動をすることになったのだ。

そのままラリーは銀行に行くと、なけなしの貯金を引き出し、白いオーバーオールに赤い服とベレー帽という姿で町に繰り出した。

そして困っているような人や貧しい人に20ドル札をクリスマスプレゼントとして手渡したのだ。

シークレットサンタが誕生した瞬間だった・・

20ドルは大金ではなかったが、困っている人々にとっては大きな助けとなり喜んで受け取ってもらえた。

それがラリーの人生にも思わぬ影響を及ぼすことになっていった。

家に戻ると、妻から銀行にお金が残っていなかった、と聞かれた。

ラリーは落としてしまったと答えた。

すると妻は怒るどころか、仕方がないわね、でもあなたは幸せそうね、と微笑むだけで文句を言わなかった。
 
翌年の1980年、ラリーは友人と長距離電話の会社を設立し、懸命に働いた。

そしてその年のクリスマスにも道に立って人々に現金をプレゼントする活動を続けた。

そしてその金額は少しずつ多くなっていった。

不思議なことにシークレットサンタとなって施しをすればする程会社の業績が上がり、長年の切り詰めた生活から抜け出し家族のために家や新しい車を買えるまでになり、ラリーの妻も町中でシークレットサンタの噂を耳にするようになった。

彼は家族にも言っていなかったのだ。

彼はそれからも一年も休む事なくシークレットサンタの活動を続けたのだが、9年目の1987年12月、ついに妻にシークレットサンタがラリーであることがわかってしまった。

すまないと謝るラリーに、妻は「素敵なことじゃない。これからはもっと節約してたくさんの人を助けられるように協力するわ」と答えた。
 
以後、家族もラリーの活動を知って陰から支えることになった。

1995年、地元ではすっかり有名になっていたラリーは匿名を条件に取材に応じた。

カンザスシティ・スター紙のマクガイヤー記者は、彼も家族も一切表舞台に出ようとしなかったと話す。
 
しかし報道されてから、シークレットサンタの正体への関心はさらに高くなった。

一方ラリーは多くの人に感謝されるにつれて、ある人物に会いたいという思いが募っていった。

そして1999年12月、ミシシッピ州のトゥペロという小さな町のある男性宅を訪れた。
 
その男性とは、シークレットサンタの生みの親だった。
 
28年前の1971年、一文無しだったラリーが落ちていた20ドルに救われた日のこと。

本当の落とし主が現れたら困るので逃げるように店を後にしたラリーは、我に返って真実に気づいた。

20ドルは、落ちていたものとして男性店員が彼にくれたものだった。
 
男性店員はテッド・ホーンといい、当時のことを思い出した。

ラリーは、彼がしてくれた事をいつか誰かにしようと思ったのだと話した。

そして、テッドの20ドルがなかったら刑務所に入っていただろうという。

自分の人生を正しい方向に導いてくれたお礼にと、ラリーはテッドに1万ドル(約120万円)の入った封筒を渡した。

受け取れないというテッドに、ラリーは自分が今あるのは、あなたのおかげだと引かなかった。

当時テッドは、警察に突き出すのではなく、自らの過ちに気づき、他人への優しさを知って欲しいと思って20ドルを差し出した。

それをずっと覚えていて、サンタ活動を続けたことには頭が下がるとテッドは話している。

テッドさんはラリーさんから渡された1万ドルを、近所の病気で困っている人たちや生活に苦しい人たちのために使ったという。

人を思いやる気持ちは健在だった・・・
 
そしてラリーのサンタ活動は全米に広がった。

2001年には世界貿易センタービル爆破事件のあったニューヨークに行き、ホームレスや職を失った人を中心に2万5千ドルを配った。
 
2005年にはハリケーンで壊滅的な被害を被ったミシシッピ州を中心に7万5千ドルを配り、27年間で配った総額は150万ドル(約1億8千万円)になったのだ。

だけども、昨年、シークレットサンタがついにカメラの前に現れ正体を明かした・・・

なぜならば、彼は昨年4月、食道ガンのため治療しなければ1ヶ月生きられないと宣告されたのだ。
 
正体を明かしたのは、自らの命の宣告を受け、身近な人への思いやりを広げて欲しいというメッセージを送りたかったからだろうと、記者は言う。
 
その反響は大きかった。

2日間で7000通もの手紙やメールが彼のもとに届いたのだ。

大半は自分もシークレットサンタになりたいというものだった。

その年のクリスマスも彼は、病気を押してサンタの活動を行った。

そのお陰で多くの人が笑顔でクリスマスを迎えられた。

今年1月12日、ラリーは58歳で静かにこの世をさった。

それでも彼の笑顔と優しさは数えきれないほどの人の胸に永遠のサンタとして、刻み込まれることになった・・・
 
生前ラリーは、シークレットサンタ協会を設立、会員の資格は少なくとも1回他人への親切な行為を行う事。

たった$20がこんなに、人の人生を変えそして、夢を与え多くの人達の役に立ち、笑顔を作っていった。


あなた様の夢や希望が、株式投資で叶うことを心から希望します。

そしてまた、夢や希望を叶えた先には、ほんの少しで構いません。

投資であげた利益のうち、僅かでもどこかの誰かの笑顔に貢献できたなら、こんなに嬉しい事はありません。

これが、サイトを運営し続ける二つ目の理由です。

あなた様のますますのお幸せを心より願っています。

そして、まわりの大事な方々へも幸せが広がっていきますように・・・

長文・駄文を最後まで読んでいただけたことに感謝いたします。

ありがとうございました。


・・・続きを読む

急騰銘柄


急騰銘柄
links
sponsored links

others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM